梶 祐輔『広告の迷走』

1959~

日本デザインセンターの創設期より、さまざまな企業のコピーライティングやディレクションを
手掛けてきた梶祐輔が執筆しました。イメージを消費するようになった時代の、
いわゆる感性広告・フィーリング広告の隆盛に疑問を投じた書籍です。

Client
Writer

梶 祐輔

Artwork

原 研哉、村上 千博

Photographer

ヴァルター・シェルス*

2001年

*:社外

Share on

OTHER WORKS