GINZA SIX「キノコ」

Nov 30, 2018

GINZA SIX「キノコ」

9月初旬より、銀座駅とGINZA SIXを結ぶ地下通路と
銀座駅のホームに掲出されている、
新しいGINZA SIXのビジュアルを制作しました。
モチーフとしたキノコは、不思議と人の意識を集める物体です。
明確なメッセージを発するのではなく、
GINZA SIXの持つ「高級な余裕」をふんわりと伝え、
自然かつ印象的に、GINZA SIXへのシンパシーを助長することを意図しています。
また、絵の中に描かれた6つの「G」は、GINZA SIXの直喩です。
お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。

AD:Kenya Hara
D:Kenya Hara, Tomoko Nishi
I:Kenya Hara

京都四條 南座 新開場

Nov 29, 2018

京都四條 南座 新開場

京都四條 南座は、2018年11月、新開場を迎えます。
その節目を記念して、新しいシンボルマークとロゴタイプを制作しました。
シンボルマークは、「南」という文字を明快に削ぎ落とした造形に、
南座の外観を連想させるかたちを融合しています。
シンボルカラーは、南座の内装に用いられている深紅色としました。
歌舞伎は象徴と凝縮の美学であると考え、
紋章のような、目を引く強い造形としています。
「京と。」というショルダーフレーズは、
所在地が京都であるということを超え、京都とともに歩んできた来歴と、
これからも京都とともに歴史を重ねていく南座の姿勢を端的に示すものです。
マークとロゴは、ショッピングバッグ、風呂敷、手拭いに展開しています。
京都にお越しの際は、ぜひお立ち寄りの上、ご覧ください。

AD:Kenya Hara
D:Kenya Hara, Cheng Li, Tomoko Nishi, Kunchaethong Angsuya
C:Mariko Hara
Pr:Sayaka Soga

TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」ジャパン・ハウス ロンドンに巡回中

Nov 21, 2018

TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」ジャパン・ハウス ロンドンに巡回中

ジャパン・ハウス サンパウロ、ロサンゼルスの
二都市を巡回してきたTAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」展が、
ジャパン・ハウス最後の都市となるロンドンにて開催中です。
ロンドンでは、これまでの二都市で展示した作品に加えて、
2007年に21_21 DESIGN SIGHTで開催された「water」展で
原研哉が制作した作品「鹿威し」も展示しています。
また、展示に伴い、12日(月)はジャパン・ハウスにて、
13日(火)はロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて、
原研哉が講演を行い、立ち見の人も出る盛況となりました。
展示は2018年12月24日(月)まで。
ロンドンにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

TAKEO PAPER SHOW "SUBTLE"
かすかな、ほんのわずかの|Delicate or Infinitesimal

Gallery
13 November ‒ 24 December 2018

OPENING HOURS:
Monday to Saturday 10:00-20:00
Thursdays late opening hours 10:00-21:00 until Christmas
Sundays & Bank Holidays 12:00-18:00
Monday 24 December 10:00-18:00

Admission Free
Ph: Jérémie SOUTEYRAT © Japan House London, Nippon Design Center, Inc.
堂島酒醸造所

Oct 12, 2018

堂島酒醸造所


堂島酒醸造所は、イギリス・ケンブリッジ郊外に位置する
旧荘園領主の城「フォーダムアビー」にて酒造りを行う醸造所です。
製品のネーミング、ロゴ、パッケージ、写真、動画、リーフレット、Web サイト等、
ブランドのアクセレレーション一式を手がけました。
今までの日本酒にはない国際的な顔つきは、
日本の思想を受け継ぎながら英国の地で誕生した
堂島酒醸造所そのものを体現しています。
Web サイトは下記 URL よりご覧いただけます。

https://dojimabrewery.com
CD: Kenya Hara
D: Kenya Hara, Kanako Ohashi, Hana Yazaki
Ph: Taiki Fukao (landscape), Shimei Nakatogawa (product)
Movie Director: Taiki Fukao
Web: Daisuke Takahashi, Ryota Inoue
Pr: Atsushi Matsumoto
CHINA HOUSE VISIONが開幕しました。

Sep 27, 2018

CHINA HOUSE VISIONが開幕しました。

2013年、2016年の東京展を経て、3回目の開催となる北京展では、「鳥の巣」を借景に10棟の展示ハウスが完成しています。
今日の北京では、食のデリバリー、シェア・バイク、配車サービスなどなど、電子決済を背景に、暮らしのかたちが急速に変わりつつあります。ダイナミックに都市の様相が流転する中で、人々はどんな暮らしを希求し、どんな幸せが見出されるのでしょうか。普遍はそれでも揺るがないのでしょうか。
現代中国を牽引する企業と気鋭の建築家・クリエイターが考えた10棟の未来を体験することで、同時代の成長点の一つをリアルに共有いただければ幸いです。

1 Haier┼非常建築
砼器/Concrete Vessel

2 Aranya┼大舎
亼屮口/House ATO

3 Envision┼楊 明洁│YANG DESIGN
緑舎/e-Vege House

4 Xiaomi┼李虎│OPEN
火星生活船/MARS Case

5 HUARI┼青山周平
新家族的家─400盒子的社区城市
/Sharing Community of 400 Boxes

6 有住┼日本デザインセンター原デザイン研究所
最小─最大的家/Edge-Zero

7 無印良品┼長谷川 豪
無印良品の社宅
/Company Housing for MUJI

8 TCL┼Crossboundaries
你的家/Infinite Living

9 Hanergy┼MAD Architects
庭园家/Living Garden

10 MINI LIVING Urban Cabin┼孫 大勇
城市小屋/MINI LIVING Urban Cabin


◉主催/運営:GWC長城会
◉展覧会ディレクション:原 研哉
◉企画コーディネート:土谷貞雄
◉制作/進行:日本デザインセンター原デザイン研究所│北京大思広告有限公司
◉会場構成:隈 研吾

CHINA HOUSE VISION実行委員会
Email:chv@gwc.net


http://house-vision.cn/

会期
9/21(金)-11/6(火)

国家体育場(鳥の巣)南広場 北京市朝阳区国家体育場北路1号
アクセス:地下鉄8号線「奥体中心」駅「B2」出口より、徒歩5分。


展覧会書籍『HOUSE VISION 3 2018 BEIJING EXHIBITION』
展覧会場にて発売(簡体字)/B5変形192ページ
Ph: Nacása & Partners Inc.
ジャパン・ハウス ロンドンが開館。

Sep 25, 2018

ジャパン・ハウス ロンドンが開館。


サンパウロ、ロサンゼルスに次いで3館目となる
ジャパン・ハウス ロンドンが2018年6月21日、
ロンドンのケンジントン地区に開館しました。

9月13日には英国のケンブリッジ公爵殿下が来館し、
開館記念式典が行われました。

アールデコ調の歴史的建造物をリノベーションした
3フロアの中には、ギャラリー、高水準の工芸品や日用品を集めたショップ、
コーヒースタンドのほか、清水明シェフによるレストラン"AKIRA"、
可動式のセミナーホール、日本の書籍を集めたライブラリー等が配されています。

建築はインテリアデザイナーの片山正通氏。
原研哉はジャパン・ハウスの総合プロデューサーを務めています。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

https://www.japanhouselondon.uk/

Japan House London
101-111 Kensington High Street, London W8 5SA

Gallery and The Shop
Monday to Saturday 10:00-20:00
Sundays & Bank Holidays
12:00-18:00

Restaurant: AKIRA
Monday to Saturday 12:00-15:00 & 18:00-22:30
Sunday 12:00-16:00
Ph: Lee Mawdsley @Japan House London, Taiki Fukao
横綱の化粧まわしをデザインしました。

May 16, 2018

横綱の化粧まわしをデザインしました。

「雲龍型」の土俵入りにちなんで、
「武」と「雲龍」のイメージを融合したものです。
濃紺の地に銀の刺繍で鮮やかに仕上げられました。
すでに大阪、住吉大社の土俵入りで披露されていますが、
横綱の元気な復活とともに
再び披露されるのを期待しています。

D: Kenya Hara

 TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」ジャパン・ハウス ロサンゼルスに巡回中

Apr 23, 2018

TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE」ジャパン・ハウス ロサンゼルスに巡回中

TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE ──Delicate or Infinitesimal」展が、
2017年12月にギャラリーとショップが先行オープンした
ジャパン・ハウス ロサンゼルスにて開催中です。
ジャパン・ハウス三都市をめぐる巡回展の第二弾となります。
また、展示に伴い、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて、
学生や卒業生を対象にした原研哉による特別講義を開催。
さらに、SURFACE 誌との連携企画として、
SURFACE 誌編集長と原研哉によるトークイベントも開催されました。
展示は2018年5月23日(水)まで。
ロサンゼルスにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。
 
https://www.japanhouse.jp/losangeles/ja/events/takeo-paper.html
http://subtle.takeopapershow.com/
 

TAKEO PAPER SHOW「SUBTLE ──Delicate or Infinitesimal」展
会期: 2018年4月13 日(金)─5月23日(水)
月─土曜日 10:00─20:00/日・祝日 10:00─19:00
会場: ジャパン・ハウス ロサンゼルス 2 階ギャラリー(JAPAN HOUSE Los Angeles)
Hollywood & Highland Center 6801 Hollywood Boulevard, 2F
Los Angeles, CA 90028
tel: 1 (800) 516-0565
入場無料

Ph: Ryan Miller © Japan House Los Angeles, Nippon Design Center, Inc.

原研哉が「Brainstorm Design 2018」で基調講演を行いました。

Mar 16, 2018

原研哉が「Brainstorm Design 2018」で基調講演を行いました。

"Brainstorm Design 2018" がシンガポールにて開催。
『TIME』『FORTUNE』や『Wallpaper*』を発刊する
米国Time社が選ぶ、企業のトップと世界のデザイナーが招かれ、
「Design Thinkingとは?」をテーマに、デザインがビジネスに
果たすべき役割について会議や講演を行いました。
原研哉は3月8日に「Ex-formation - Making things unknown-」を
テーマに基調講演を行いました。

自然、当然、無印。

Mar 05, 2018

自然、当然、無印。

無印良品の新しい企業メッセージ「自然、当然、無印。」が
2月23日(金)より展開されています。
原デザイン研究所では、ガラパゴス諸島を巡る旅を
無印良品のブランドコミュニケーションとして計画し、
店内のビッグヴィジュアルをはじめ、Webサイトやポスター、書籍、
雑誌広告などによる多元的なコミュニケーションを図っています。
書籍「GALAPAGOS」は、2月28日(水)より全国17店舗の無印良品にて、
また3月以降順次一般書店でも販売されます。
店頭にお立ち寄りの際は、どうぞご注目ください。
 
メッセージ|無印良品 https://www.muji.com/jp/message/
MUJI GALAPAGOS https://www.muji.com/jp/galapagos/

AD: Kenya Hara
P: Yoshihiko Ueda
D: Kenya Hara, Yukie Inoue
C: Kazuko Koike, Kenya Hara