原 研哉の新刊『白百』が発売

Jan 10, 2018

原 研哉の新刊『白百』が発売

前著『白』より10年。自身のデザイン観と関わりの深い
白という感受性について、百の事象をとりあげた
yomiuri onlineの連載
『白百(しろひゃく)』が一冊の本になりました。
 
前著では概念的であった『白』に対して、
新著『白百」では、具体的な白の現象に
一つずつ向き合うかたちで
百篇が綴られています。
 
通常版に加え『白』と『白百』がセットになった
スリーブ付き特別版もあります。
ぜひお手に取ってご覧ください。
 
まえがきより
"白を感じる心象に言葉で接近してみたい。歴史でも薀蓄でもない。記憶の束から思いつくままに百の白を引き抜き、一葉ずつの「白」を味わってみたい。もはや「白い」という形容も希薄になるほどに。......白があるのではない、白いと感じる感受性があるとかつて書いた。白が、色ではなく白いと感じる感受性や心理であるなら、その現象を連ねていくという方法で、 白に接近してみるのも自然である。書き進むうちに「白」は、白くは見えなくなるかもしれないし、白いと形容することもできなくなるかもしれない。"
 
『白百』通常版
定価 本体1900円(税別)中央公論新社
amazonで購入
 
『白』『白百』特別版スリーブ入り2冊セット
定価 本体3800円(税別)中央公論新社

AD: Kenya Hara
D: Kenya Hara, Tomoko Nishi