日本列島には「半島」がたわわに実っている。それらの先端を結んでいく航空会社「半島航空」を構想した。旅客機や新幹線のような都市間移動ではない。日本の深部へ人を運ぶ移動インフラである。日本では、優れた水陸両用機が海難救助艇として働いている。これを民間利用し、海に離着陸させれば、海は滑走路になる。つまり日本列島は滑走路に囲まれており、小さな漁港はそのまま空港になるのだ。 日本の国立公園の多くの場所は海沿いにある。半島は、船で交易を行っていた時代には、経済文化のアンテナであった。その痕跡をとどめる場所も少なくはない。しかし現在、都市から半島の先への移動は絶望的な時間を要する。 「半島航空」が、たとえば羽田を起点として、日本列島を西回りと東回りで仮に一日一便ずつ就航すれば、それだけで日本列島は魅力的に繋がる。雲の下を飛ぶ「低空飛行」も景観を楽しむにはいい。格安航空でなく、割高航空でいい。日本の魅力的な深部を点で結ぶ少人数移送「半島航空」は、空路で日本の潜在価値を拓いていく具体案である。...

Aug 01, 2017

無人車の運動性能が向上するにつれて、事故の確率は「ドライブ」よりも「モバイル」の方が圧倒的に低くなると言われている。間違いを起こしやすい人間が、自ら運転するという行為が、徐々に乱暴に感じられるようになるのかもしれない。時速200キロで運行している無人車ハイウエーにドライブ車は入ることができず、低速ドライブウエーを利用せざるを得ないような事態も想像に難くない。 また、クルマは移動手段というよりも、通信手段や休息場所として重要になっていくかもしれない。たとえば、眠りながら移動する。手動運転よりも格段に安全が保障されるなら人々はクルマの中で睡眠をとるようになる。 さらにクルマは、異界に建てられた別荘のような、インフラから隔絶した施設にエネルギーや情報を供給する役割を担うようになるかもしれない。クルマと繋がることで家に電気と情報が供給され、施設は活性する。 一方で、無人運転は人の移動だけではなく物流に革命的な変化をもたらせると言われている。個で暮らす社会を、進化した物流が支えていくのである。...

Jul 26, 2017

日本列島には「半島」がたわわに実っている。それらの先端を結んでいく航空会社「半島航空」を構想した。旅客機や新幹線のような都市間移動ではない。日本の深部へ人を運ぶ移動インフラである。日本では、優れた水陸両用機が海難救助艇として働いている。これを民間利用し、海に離着陸させれば、海は滑走路になる。つまり日本列島は滑走路に囲まれており、小さな漁港はそのまま空港になるのだ。 日本の国立公園の多くの場所は海沿いにある。半島は、船で交易を行っていた時代には、経済文化のアンテナであった。その痕跡をとどめる場所も少なくはない。しかし現在、都市から半島の先への移動は絶望的な時間を要する。 「半島航空」が、たとえば羽田を起点として、日本列島を西回りと東回りで仮に一日一便ずつ就航すれば、それだけで日本列島は魅力的に繋がる。雲の下を飛ぶ「低空飛行」も景観を楽しむにはいい。格安航空でなく、割高航空でいい。日本の魅力的な深部を点で結ぶ少人数移送「半島航空」は、空路で日本の潜在価値を拓いていく具体案である。 ...

Jul 24, 2017

“UMAMI”Gastronomy

和食の世界的なブームを経て「うまみ」は、世界の食通の味覚の規準を変えはじめている。微細な味覚領域の拡張により、ワインの世界においては日本産葡萄を使用した端麗な白ワインの評価が高まってきた。移送の難しい日本酒は消費地に近い場所で生産されはじめる。どこか芝居がかっていた和のレストランは、本来の実力で世界に根をおろしていく。侘びや数寄を楽しむ感受性は決して日本のものだけではなく、人間心理の普遍的な快適さの一角に機能する感受性だということが徐々に明らかになる。 ラーメンやうどんも味覚の要点と作法が世界に認知され、人気を博していく。世界の漁獲量の低下による価格の高騰と、水準の低い店が出過ぎたために、寿司の人気は相対的に低下していくかもしれない。 一方、食を介して日本の繊細さへの理解が広がり、本場でこれを堪能したいという人々が一定の割合で現れる。探究心旺盛な海外からの旅行客は日本の深部を覗きたがる。都市や古都のみならずサードプレイスと称される僻地に来場者があふれ、価値創造の気運が地域ににももたらされるかもしれない。...

Jul 19, 2017

高付加価値農業 |High Value Agriculture

環太平洋諸国の市場開放のあおりで農業はひととき打撃を受けるが、徐々に高効率あるいは高付加価値の農業が登場するはずである。ハイテクを用いたバイオ工場のような農業が大きな設備投資で生まれる一方、「アート・フルーツ」と呼ばれる驚異的な高値で海外に販売される付加価値の結晶のような農産物を栽培し、ブランド化を試みる若い経営者たちが現れているかもしれない。米農家にも、厳密なブランド管理により高価格を狙う組織が出現するだろう。 一方、農業は趣味の領域にも広がり、小規模な作付けで好みの野菜や果樹を育て、凝った産物を収穫する人々も増えてくる。こういう人々の中から、高い価値を生み出す農産物が生み出される可能性もある。大きな耕作面積を一元管理するアメリカ的農業とは異なり、耕作地を細分化し、超多品種高付加価値農業が盛んになり、高級ホテルやレストランと経営連繋をする農業の形も生まれているかもしれない。農の六次産業化は必須である。 他方では、植物の生成過程を経ず、細胞を直接果実にしてしまうバイオ農法が編み出され物議を醸しているかもしれない。...

Jul 11, 2017

Artificial Brain

人工知能は、高度なサービスを供給できる水準に達し始めた。学習効果によって依頼主の性向を的確に解析して供されるサービスは、人々の暮らしの中に「依存」を引き起こすようになるかもしれない。誰よりも自分の好みや気分を理解してくれる人工知能に、徐々に人々の信頼が移行していくからだ。思いやりや配慮は人工知能に任せて、人々はどんどん個に分断され身勝手に振る舞うようになるかもしれない。人工知能は、より細やかにしたたかに振る舞うようになり、多くのSFに描かれているように、自ら思考して人間に対峙するようになるかもしれない。人工知能が人類最大の危機を招く可能性が指摘されている所以である。 ビッグデータの解析や人工知能を用いたサービスの形が模索される中、どんなサービスが、私たちに幸福をもたらせてくれるだろうか。 技術の果ては複雑すぎてもう見えなくなった。人工知能は果たして誰のものなのだろうか。 ...

Jul 06, 2017

Education of Desire

Education of Desire

Lately, the words "Education of Desire" have set my thoughts in motion. If objects are created in response to people's desires, the quality of their desire will affect that of the object. If in response to the demands of appetite, we loosen our belts to the next hole, slovenly fashion follows. People's "needs" are sometimes loose. Therefore, needs require education. Desire and education are both words that seem too direct, but I haven't found any better. The English word education is better than the Japanese word, kyoiku, because it communicates the nuance of causing potential to blossom by supplying a vision. Design must be a slow, quiet education that gradually exerts influence on the quality of need--the standard of the desire. The aesthetics instilled in a subtly designed and well-made product kindle a small awakening and the desire life swells like a bud swollen to bursting. Objects are thus produced according to the desire that swells. Objects come into being in concert with these swollen desires, and the soil of culture grows and matures because of those countless cycles and linkages. The essence of design is participation in the quality of the soil. [Naito-san, I spent some time researching commas and "therefore". If we want to emphasize the introductory word or phrase, which in this case is the word, "therefore", we put a comma after it. If we don't want to emphasize it by making the reader pause after it, we don't. I think in this case, you're right. Let's put a comma after "therefore"! Thanks for urging me to look into it. Grammar is sometimes loose, like needs!]

Jun 12, 2011

The Principles of Adults

The Principles of Adults

The number of disposal diapers for adults, particularly the aged, has surpassed that of those for babies in our country. In 40 years, more than 40% of the population will be over 65. It's a bleak story. But it's boring to just see this as the coming of an aged society.
Some ants work hard, some goof off. I've forgotten the ratio, but it seems that even if you collect only hardworking ants into a community, or only lazy ants into a community, you still end up with an equal proportion of hardworking and lazy ants. I think the same would be true of human society. Regardless of the population's age structure, the proportion of the active vs. the inactive might be very close to that of the ants. What we need to do is reorganize our sense of value based on maturity and sophistication, without equating active to young. Or to put it another way, there are adults who are calm and composed at 20 and energetic people over 60.
At Hara Design Institute, we are concerned with the sense of value that emphasizes a mature viewpoint and atmosphere, regardless of age, an approach we call "The Principles of Adults". We intend to conduct marketing based on elements like maturity and sophistication, things we've lost sight of in the din and bustle of youth culture and a rapidly growing economy.

Jun 12, 2011

Architecture for Dogs

Architecture for Dogs

This section is about not kennels but architecture designed for dogs. We humans are animals that have striven to recreate the external environment to our own advantage. Whether functions or environments, we've made them from a human-centered perspective. Some people even believe that being friendly to humans is equivalent to being friendly to nature.
In fact, even dogs were made by humans. Wolves are dogs' ancestors. Pocket Chihuahuas, Dachshunds, Toy Poodles, and Afghan Hounds: all breeds came into existence through crossbreeding, controlled by humans. Dogs would be perplexed if they were told to return to the wilderness. Dogs are destined to coexist with humans. So we are seriously considering how to make spaces and furniture to suit this coexistence.
The details of this plan begin with asking leading architects to design buildings for dogs based on detailed information about size and behavioral idiosyncrasies of the breed. The results will be shared on our website. The user will be able to access CG, drawings and animation showing how to fabricate the structure. We are thinking of selling full-size drawings of the proposed architecture, with the premise that users will build them. So the architecture should be designed simply for DIY construction.
We plan to present this project as an exhibition in Europe in 2012.

Jun 12, 2011

CHINA PROJECT

CHINA PROJECT

Asia moves on the tailwind of economic growth. By drawing on Japan's experiences and reflections of our own period of rapid economic and financial growth, we believe that we can help other Asian countries see the possibility of economic development progressing in step with the protection and utilization of cultural assets. Although China is unlike Japan in the tempestuous transformations of its historical and cultural characteristics, our interest in the various aspects of that culture is undying.
We expect that Kenya Hara's 2011 China Exhibition Design-like Design, a traveling exhibition that begins in Beijing, will lead to a deeper relationship with China.
The Jingdezhen Imperial Kilns is a compound project, the standard of restoration of porcelain manufacturing techniques and historical legacy. When we think of China, we think of porcelain. During the Song, Yuan, Ming and Qing Dynasties, Jingdezen was the hub of porcelain manufacturing. This exhibition is considered a large-scale communication design project comprising the utilization of kiln ruins and art resources, art museums, identification and tourism.
The Buddhist Seung Eun Temple in Yangyang, Korea, is a project conceiving a new format for a Zen temple. This is an experiment in thinking from an entirely new perspective about what kind of environment and space in which people experience Zen.

Jun 12, 2011