富山県美術館 VI

VI/Experience

永井一正によるシンボルマークは全体がToyamaのTでありながらArtのA、DesignのDで構成したもの。
澄んだ青空に映える白い立山と、富山湾の豊かな深いブルーを表しています。
グラフィックツールではロゴのビビットな青色と幾何学的な形状を活かして
ダイナミックに展開。ロゴの持つ凛とした空気感を生かしました。

Client

富山県

Art Director, Designer

永井 一正

Designer (Application, tool)

色部 義昭、松田 紗代子

Producer

早坂 康雄

2017年