セイコー 「なぜ、時計も着替えないの。」

1959~

時計は時間を計る機械だから一つで十分という時代にあって、アクセサリーやバッグを選ぶように時計もその日の
気分で選ぶことを訴求したキャンペーンです。キャッチフレーズとビジュアルパターンは、コミュニケーションロゴとして
テレビ・雑誌・ボスター・店頭POPなど多媒体に展開され、その後10年にわたり継続されました。

Client

服部セイコー

Creative Director

粟野 牧夫

Art Director

サイトウマコト

Designer

サイトウマコト、 作宮 隆

Illustrator

空山 基

Copywriter

粟野 牧夫

Photographer

秋元 茂

Producer

大西 孝昌

Agency

第一企画

1979年