白湯呑

Products

中国の成都にある「知美術館」のオープン記念としてデザインした、白湯をいれる道具一式です。お茶の葉を
用いずに沸かしただけの白湯を飲む日本の習慣を、心や体を清め再生するような真っ白な湯呑みと把手のない急須で
表現しています。素材は中国の景徳鎮です。この白湯呑は銀座松屋の「銀座目利き百科街3」で販売されました。

Client

知美術館

Designer

原 研哉

2014年