野村證券「日本橋一の一の〈野村〉です」

1959~

  • 野村證券「日本橋一の一の〈野村〉です」0枚目

證券会社が銀行や郵便局のような親しみをまだ獲得していなかった1960年代。
玄関ベルを鳴らす表現で、女性社員が顧客のお宅に伺うサービスを訴求したこの広告は、
「証券貯蓄を大衆のものに」という野村證券の目標を実現する、第一歩となりました。

Client

野村證券

Art Director

山城 隆一

Designer

内柴 正臣

Copywriter

西尾 忠久

1962年