国立公園 VI

VI/Experience

34カ所に点在する日本の国立公園のブランド価値を高め、その多様性や魅力について周知を図るための
ブランディングプロジェクト。マークは日が昇る瞬間の霞みがかった日本独自の風景を表わしたもの。
外形のリボン形状は写真や看板に配置すると景勝地が表彰されたように見えるよう設計しました。

Client

環境省・博報堂

Art Director

色部 義昭

Designer

山口 萌子

Producer

早坂 康雄、白土 慎

2017年