時代を敏感に訴求する伊勢丹の広告戦略

1959~

1970年代後半は、ものの豊かさを求めてきた高度成長期に変化が表れ、人々が十人十色のライフスタイルで
衣食住を楽しむようになった時代です。単なるものの訴求ではなく、そこから生まれるストーリーを躍動的に描くことで、
時代に敏感に呼応する百貨店、伊勢丹の個性を如実に表しました。

Client

伊勢丹

Art Director

戸田 正寿

Designer

サイトウマコト、鈴木 守

Illustrator

滝野 晴夫

Copywriter

蟻田 善造

Producer

太田 哲太郎

1977年