4&2 VIシステム

VI/Experience

小田急電鉄によるペットケア施設「4&2」のVIシステム。ロゴやエンブレムは、人と動物の絆を甲骨文字のような
記号で表現し、冊子やパッケージ、サインなどに展開しました。独自の散歩マップや「うんち袋」にもなる
ショッパーは、地域との接点をつくるためのアイテム。商品、店舗、町に目を向けてデザインしました。

Client

4&2(小田急電鉄株式会社)

Art Director

大黒 大悟

Designer 

大黒 大悟、佐野 真弓

Copywriter 

川原 綾子

Illustrator 

小池 ふみ

Producer 

鈴木 龍毅

Agency 

株式会社小田急エージェンシー

2015年

*:社外