lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/1/1.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/2.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/3.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/4.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/5.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/6.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/1/7.jpg

ART SETOUCHI

2010年に続いて開催された「瀬戸内国際芸術祭」。13年からは春・夏・秋の3季に分かれ、展開範囲も広まった。情報デザインにおいて重要視しているのは、島々をめぐり渡る来場者の利便性を最大化することである。

1. イメージの原像 Advertising

瀬戸内の島には風がある。島々を吹きわたる爽快な風を感じながらのアート巡遊を「はためく旗」に集約し、この芸術祭のイメージの原像とした。会期の節目を伝えるため、旗の色は季節ごとの空に呼応させている。
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/2/1.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/2/2.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/2/3.jpg,/hara/detail/setouchitriennale/2/4.jpg

2. 引き出される能動性 Navigation System

公式アプリケーションは、前回に比べて操作性が格段にスムーズになった。ピンチイン/アウトの操作で広域から一軒の家まで容易に辿ることができ、GPSによる現在位置の確認も可能になった。
/hara/detail/setouchitriennale/movie.mp4[936,526]

3. 連携する情報デザイン Applications

開催期間や展開地域の拡大に伴い、折りたたみ式の地図や公式グッズ等の内容もさらに充実した。ポスターや公式アプリケーションと連携することで、総体として参加者が能動的にアプリを利用したくなるシステム構築を目指している。
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/4.jpg
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/5.jpg
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/6.jpg
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/7.jpg
lazy620,/hara/detail/setouchitriennale/8.jpg
Advertising, Navigation System, Applications
2013
AD: Kenya Hara
Ph: Yoshihiko Ueda

D: Kenya Hara, Daigo Daikoku, Hiroyuki Saito, Junya Maejima,
Taichiro Takeo
Cl: Setouchi International Art Festival Executive Committee
Poster Design Cooperation: Yoko Nakano, Saki Igarashi