日本語|英語|ドイツ語|韓国語版

「白」という概念を、色ではなく日本の感覚資源として読み直していく原研哉の著作。文学者・谷崎潤一郎の『陰影礼讃』や、哲学者・九鬼周造の『「いき」の構造』、美術思想家・岡倉天心の『茶の本』、農学者・新渡戸稲造の『武士道』などのような、美意識に通じる論考を、デザインという視点から試みようとしている。

2008

AD:Kenya Hara
PH:Yoshihiko Ueda,Yasuhiro Ishimoto
D:Kenya Hara

BUY THIS BOOK