トヨタ

日本デザインセンターは創業期以来、
トヨタ自動車の広告宣伝パートナーとして共に時代を歩んできました。
CIをはじめ、広告キャンペーン、カタログ、セールスマニュアルまで、
多種多様なプロジェクトを通じて「クルマのある幸せ」や「ドライブする歓び」をデザインしてきました。
そして今、スマートフォンやタブレットなど様々なメディアから情報を得ることが日常となった時代の、
新たなセールスプロモーションにも取り組んでいます。

周到な道標

トヨタ自動車のお客様は老若男女、多岐にわたります。しかもクルマは高額商品であるため、購入までに長い時間とプロセスを要します。日本デザインセンターはターゲットの日常を凝視しながら、誰に、どんなフェーズで、どんなカタチの情報を発信すべきかをデザイン。カタログからモバイルアプリまで、メディアやデバイスの垣根を超えた最適なコンテンツ制作によって、効果的なセールスプロモーションに貢献しています。

情報のアジリティ

気になるクルマのアウトラインや他車との比較、SNSでの評判を調べる際、モバイルツールの軽快さが便利です。日本デザインセンターはクルマへの富な知見を武器に、モバイルツールに最適な情報編集を施したアプリケーションを制作しています。また、動画を駆使したコンテンツを制作し、静止画や文字を超える情報を伝えます。

変わらない指針

私たちは現在、トヨタ自動車の国内向け乗用車カタログをすべて制作しています。デザインやカラーを吟味する際、またスペックや価格の確認など、購入プロセスが終盤に近づくほどグラフィックカタログが存在感を増していきます。

体温のある未来

人とクルマの新しい関係やこれからのモビリティの在り方をリアルに体感できる展示施設。そのコンセプトメイクから参画し、空間デザイン、展示グラフィックなど総合的なディレクションを手掛けています。

メディアを往来するリソース

コンテンツ制作の効率化が求められる中、 「ワンソース・マルチユース」のコンテンツ制作を推進しています。メディアやデバイスの垣根を越える、効率的な広告リソースを提供する力。それも私たちの強みのひとつです。

凄まじい速度で変化する時代のなかで、
いまこの国に最も足りないもの。それは、
変わる力だ。この国で生まれ、
この国とともに歩み、
そしてこの国の人々の歓びを
真摯に見つめ続けてきたクルマとして。
いまこの時こそ、変われる勇気と自信を、
時代に示してみせよう。目を疑うほどの
鮮烈な変化は、単なる進化ではない。
この国の人々へ向けた、メッセージだ 。
変わる力を、この国へ。

――クラウン“ロイヤル”シリーズ
カタログより

この地を、継ぐもの。
およそ半世紀前、日本初の4WD車として
開発されたランドクルーザー。
以来、その屈強な走破力により、
世界中からの賞賛を
一身に集めてきました。
そして、いま。
ランドクルーザー プラドは、
その栄光さえも踏み越えるべく、
進化をまた一歩加速させました。
王者の地平へと
あなたをお迎えするために。
ようこそランドクルーザーの世界へ。

——ランドクルーザー プラド 本カタログより

Related Works

レクサス

ダイハツ

三越伊勢丹

椿山荘三重塔

無印良品