TAKEO PAPER SHOW2014 SUBTLE

紙の魅力の根源と、その可能性を探る「竹尾ペーパーショウ」。47回目を迎えた2014年は「SUBTLE」(サトル|

かすかな、ほんのわずかの)をテーマに、紙という媒質が人の感覚にもたらした極めて繊細な世界に焦点を当て、

紙の本質を浮かびあがらせました。東京展のほか大阪と台湾にも巡回し、およそ3万人が来場しました。

Creative Director 原 研哉
Art Director 原 研哉
Designer 原 研哉、松野 薫、三澤 遥、佐々木 那保子、岡崎 由佳、酒井 茜

  • 伝統の未来展
  • HOUSE VISION 2  2016 TOKYO EXHIBITION
  • 第21回 ミラノ・トリエンナーレ「新・先史時代 100の動詞」展
  • TAKAO 599 MUSEUM
  • 色部義昭:WALL
  • HaaT SPRING SUMMER 2015ディスプレイ
  • 犬のための建築
  • デザインギャラリー1953企画展  生きものとその景観
  • HOUSE VISION
  • 半島の台所