デザイナーがいる。コピーライターがいる。カメラマンがいてプロデューサーがいる。事務方がいる。社長がいる。アーティストがいる。何かの専門家がいる。ママがいる。教師もいる。頭がいいものがいる。顔がいいものもいる。後輩がいて先輩がいる。中国にもいる。名古屋にもいる。天国にもいる。旗を振るものがいる。逆走するものがいる。やぶれているものがいる。かぶれているものもいる。ツイているものがいる。眼鏡をかけているものがいる。狙っているものがいる。燃えているものがいる。手を挙げているものがいる。
日本デザインセンター。それはデザインの商店街。銀座4丁目、デザインGINZAで会いましょう。

今月のPEOPLE ── Oct. 2015

Oct. 2015

飯塚 逸人

第1制作室/コピーディレクター

1969年栃木県足利市生まれ。日本大学法学部新聞学科卒業。広告制作会社、広告代理店を経て、1997年日本デザインセンター入社。第49回、第50回、第51回宣伝会議賞受賞。最近の仕事に、トヨタ自動車「ヴェルファイア」カタログ、放送大学「学生募集」広告、東京メトロ「スマートフォン用アプリ」告知広告など。

日本デザインセンターで働く面々をご紹介する「今月のPEOPLE」

第13回目は、コピーライターの飯塚逸人です。長年コピー制作の仕事に携わりながらも「最近コピーを書くことがますます好きになった」という飯塚が、現在の気持ちをお話します。

こんにちは、飯塚逸人です。大学を卒業してから幾つかの制作会社や代理店を経て、日本デザインセンターに入社しました。今までさまざまな分野の仕事を担当してきましたが、トヨタ自動車のカタログの制作は長く担当している仕事のひとつです。クルマの膨大な資料を読み解き、仕様にまで踏み込んでコピーを書くことは今では日常ですが、この会社で初めて覚えた技術です。面接の時に仕事の内容を聞かされ「できますか?」と尋ねられた時に、入社したい一心で「できます!」と答えたものの、専門的な用語を駆使しながらコピーを書けるようになるまでは、それなりに時間がかかりました。当時根気よく教えてくれた先輩ライターやプロデューサーには本当に感謝しています。

こういう言い方も変かもしれませんが、そもそもはコピーライターになりたいという強い意志はありませんでした。僕が学生時代の90年代前半は広告が盛り上がっていた時代。そうした文化に触れたいと通った広告の学校では、人の目を惹き付けて放さない糸井重里さんや浅葉克己さんといった広告界のスターたちがホワイトボードの前で講師をしていました。もちろん授業はプレゼンのようで、楽しくないはずはありません。広告界をめざす友人たちも増えて、自然な成り行きでこの仕事を選ぶことになりました。

放送大学の学生募集の広告制作も、2年続けて携わっている仕事です。コピーを書く時には、なるべくその商品やサービスを通して自分なりの視点を持ちたいと考えています。放送大学もぜひ体験してみたいと、好きな科目だけを選択する科目履修生に申し込んでみることにしました。選んだ科目は「西洋哲学」。世界史の授業の中で“ギリシャ哲学”という言葉には触れたけれど、実際はどんなものなのだろう。数千年前の人の考えと何が同じで何が違うのか見出すことができたら面白そう。そんな好奇心から、学んでみようと思ったんです。教科書も揃え、深夜机に向かい、課題も提出し…と順調に勉強を進めてきましたが、じつは肝心のテスト日に、仕事のスケジュールをどうしても繰り合わせることができず、テストを受けることができませんでした。残念ですが結果は当然落第です。僕なんか一単位さえ取れないのに、昼間仕事をしながらたくさんの単位を取得して、卒業している学生もいるのですから、すごいですよね。ほんのわずかな受講体験でしたが、広告を作る上での心構えができました。

今さら?と言われそうですが、ここ数年コピーを書くことがすごく好きになったんです。年を重ねるごとに、考えることや書くことが楽しく感じられるようになりました。若い時より気負いがなくなったせいでしょうか。その効果か、気が向いた時に応募を続けてきた『宣伝会議』主催の宣伝会議賞にも、入賞することが多くなりました。取り組むのは仕事の空き時間や休日など。毎朝犬と散歩をしているのですが、その時間もよく利用しています。協賛企業賞を頂いた、長谷工コーポレーションの『パパはマンションを見上げた。ボクはパパを見上げた。』は、柴犬のチェスが散歩中に僕をじっと見上げる姿からヒントを得たコピーです。

数年前から弓道の道場に通い始めました。月に2回ぐらいしか通えませんが、胴着に着替え、弓に集中する間は、日常から一番離れた場所へ行くかけがえのない時間です。今回の撮影で気づきましたが、僕、以前より背中がまっすぐ伸びていますね。少しずつ上達もしている気がします。職場では後輩に教える場面も多くなった僕も、ここでは新米です。先生の教えに従い、その通りに体を動かしてみる。すると良くなる。そうした自分の変化に気づく喜びは、日本デザインセンターに入社したばかりの気持ちをちょっと思い出させてくれます。

今月のPEOPLE ── Archive

Jan. 2017
Jan. 2017
原 麻理子  第4制作室 コピーライター
Nov. 2016
Nov. 2016
浅野 茂明  環境サポート室 室長
Sep. 2016
Sep. 2016
澤田 浩二、 横田 泰斗  Webディレクター / Webデザイナー
Jul. 2016
Jul. 2016
松野 薫  原デザイン研究所 副所長 北京大思広告有限公司 副総経理 デザイナー/アートディレクター
May. 2016
May. 2016
白垣貴史  プロデュース本部 第一室 名古屋 室長/チーフプロデューサー
Feb. 2016
Feb. 2016
古茶 轄己  管理本部 本部長
Dec. 2015
Dec. 2015
矢内 里  第4制作室/アートディレクター
Nov. 2015
Nov. 2015
関本 香  管理本部 広報室
Oct. 2015
Oct. 2015
飯塚 逸人  第1制作室/コピーディレクター
Aug. 2015
Aug. 2015
遠藤 匡  画像制作部 撮影グループ リーダー/
チーフフォトグラファー
Jul. 2015
Jul. 2015
村松 里紗  原デザイン研究所/デザイナー
Jun. 2015
Jun. 2015
吉永 三恵  パッケージデザイン研究所副所長/
アートディレクター
May. 2015
May. 2015
斎藤 勇貴  画像制作CGグループ CGIデザイナー
Apr. 2015
Apr. 2015
吉岡 奈穂  MAMA PROリーダー/
コピーライター
Mar. 2015
Mar. 2015
岩瀬 純  コンピュータ統括室 室長
Feb. 2015
Feb. 2015
田邊 恵  北京和創図文制作有限公司 副総経理/プロデューサー
Jan. 2015
Jan. 2015
岡崎由佳  原デザイン研究所 デザイナー
Dec. 2014
Dec. 2014
中 浩徳  第5制作室 アートディレクター
Nov. 2014
Nov. 2014
三澤 遥  三澤デザイン研究室 室長/アートディレクター
Oct. 2014
Oct. 2014
是方 法光  第1制作室 コピーディレクター
Sep. 2014
Sep. 2014
齋藤裕行  原デザイン研究所 アートディレクター